画像

contactus

お電話でのお問い合わせ

tel:03-6261-6668 営業時間:10:00~18:00
定休日:土・日曜・祝日・夏期・年末年始

Claridge’sクラリッジズ

イギリス/ロンドン

英国をはじめヨーロッパ王室との深い関係

 

英国をはじめヨーロッパ各国の王室御用達として知られる名門クラリッジズは

1856年、クラリッジ夫妻によりロンドン中心部メイフェアに創業。

英国王室との関係は1890年、ヴィクトリア女王がナポレオン3世妃、ウジェニー王妃をこのホテルに招待したことに遡る。

1940年代には、ギリシア、ノルウエーのロイヤルファミリーが戦火を逃れて避難していたのもここクラリッジズ。

1945年、旧ユーゴスラビアのアレクサンダル2世が生まれたのが当時の212号室であったほど、各国のロイヤルファミリーにとって大切なホテルである。

アレクサンダル2世が産声を上げた部屋は現在、アレクサンダル・スイートとして人気を博している。

 

イギリスを代表するホテル

クラリッジズは、1999年に出版されたジェフリー・ロビンソンの小説「ザ・ホテル」の舞台になった。

小説には、一人一人のスタッフのゲストへの思いやり、仕事への誇りが描かれ

どのようにして質の高いサービスが提供できるのかということが理解できる。

2011年にはBBCにより、同ホテルを舞台としたドキュメンタリー番組が制作されたことからも

クラリッジズはイギリスを代表するホテルとして世界に名を馳せている。

クラリッジズのサービスは宿泊のゲストだけのものではなく、

2020年、コロナ禍においてホテルが休業を余儀なくされた際、

自宅への帰宅が叶わない医療関係者を無償でゲストとして迎えたというニュースも記憶に新しい。

 

アール・デコの美の殿堂

アール・デコスタイルの建物の前には、

英国紳士の伝統を感じる制服を着たドアマンがゲストを出迎える。

回転扉の向こうは、創業時から変わらぬ美しいアール・デコの世界が広がり、

一瞬、時が戻ってしまったかのような錯覚に陥る。

客室のインテリアはアール・デコをベースに細部にモダンなデザインを融合させたもの。手掛けたのはインテリアデザイナーであり、エリザベス女王の甥、デビット・リンリー。幼い頃、女王と共にこのホテルを訪れた記憶が蘇ったという。

ホテルの最高級の客室、シグニチャースイートは全5室、アレクサンダル・スイートの他、デザイナーのダイアン・フォン・ファステンバーグがデザインしたグランドピアノ・スイート、ロイヤルスイート、ジ・オクタゴン、ザ・メイフィエアー・パヴィリオン。全てのシグニチャー・スイートルームからロンドンの街を見下ろすことができる。

アール・デコをベースに細部にモダンなアレンジを取り入れた、インテリアにも注目したい。

 

アフタヌーンティー

人気のアフタヌーンティーは90日前からオンラインでの予約が可能で、予約開始と同時に満席となるほどの人気であるが、

宿泊のゲストは最優先。

子供用のアフタヌーンティーメニューを用意していることもクラリッジスのサービスの一つ。

宿泊時には絵本やDVDのサービスも可能で小さなジェントルマンとレディに優しいホテルだ。

クリル・プリヴェ限定

到着時の空室状況による
アップグレード

毎日2名様分のイングリッシュブレックファストをご提供

館内で利用できる
75 GBPのクレジット

アーリーチェックイン
レイトチェックアウト

無料Wi-Fi

Address

Brook Street
Mayfair
London, W1K 4HR
United Kingdom

Equipment

バスローブ/バトラーサービス/
コーヒー/紅茶(無料)/新聞(無料)/
ミニバー/ヘアードライヤー/
アイロン/アイロン台/金庫

Room Type

Brook Penthouse(267㎡)
Junior Suite(63㎡)
Superior Room(40㎡)

Check-in / Check-out

Checkin-3:00 PM
Checkout-12:00 PM

Restaurant and Bar

Davies and Brook
The Foyer & Reading Room
Claridge's Bar
The Fumoir
Afternoon Tea

Spa and Leisure

フィットネスセンター
スパ

ご予約はこちら